一年を通して温暖な気候、豊富な大自然、ユニークな生態系、陽気でフレンドリーな国民性など、魅力たっぷりのオーストラリアは、言わずと知れた人気の旅行地。海に囲まれた土地には、美しい海岸線と雄大な自然景観が広がっています。エアーズロックやブルーマウンテンなど数々の世界遺産を有し、それらを見ようと世界中からゲストが集います。

また、絶好のダイビングディスティネーションとして世界的に有名なオーストラリアは、「グレートバリアリーフ」をはじめ、魅力的な海が満載。エリアによって見どころも異なるので、ぜひ以下のおすすめエリアを参考にしてくださいね!

australia-temperature
GBR
グレートバリアリーフ

クイーンズランド
州都:ブリスベン

ダイバーなら一度は行ってみたいグレートバリアリーフ。 オーストラリア東北部のクイーンズランド州に位置し、世界最大のサンゴ礁として知られています。 まさに海洋生物の宝庫と言えるこのエリアには、クジラやサメなどの大型生物からユニークな固有種まで、さまざまな生き物が生息。 エメラルドグリーンに輝く海に、今すぐ飛び込みたくなりますね!

サンゴ礁の白化現象が著しいグレートバリアリーフですが、温暖化を耐え抜いた元気なサンゴが海の世界を豊かにしています。 美しいテーブルコーラルからカラフルなソフトコーラルまで、その種類なんと約400種。 サンゴの状況はダイビングポイントによって異なるので、事前にガイドさんに相談しましょう。

【おすすめサイト】

  • SS Yongala-グレート・バリア・リーフの超有名ポイントといえばヨンガラ・レック。 サイクロンが原因で沈んだ全長109mに及ぶ豪華客船は、100年以上の年月経て、見事にカラフルな魚たちの住処に。 周りでは巨大なウミガメ、ロウニンアジ、タカサゴの群れなどが見られ、魚影の濃さは圧倒的。 何度潜っても飽きない名ポイントです。
  • Ribbon Reefs-6月から7月にかけて、ドワーフミンククジラが出没します。「Cod Hole」では、名前の由来であるジャイアント・ポテトコッド(カスリハタ)がたくさん見られ、「Pixie Pinnacle」では水深40mから伸びたサンゴの隠れ根や、固有種を含むさまざまな生き物に出逢えます。
西オーストラリア

西オーストラリア
州都:パース

広大な西オーストラリアには、素晴らしいダイビングサイトが点在。オーストラリア・アシカ(カーナック島)、ジンベエザメ(エクスマウスなど)、ジュゴン(シャークベイ)、イルカ(ロッキンハムなど)などの海獣類たちと出会えるのが最大の魅力のひとつでしょう。 オーストラリア・アシカは、私たちが水族館などで会うカルフォルニアアシカより鼻が大きく、丸みを帯びた可愛い顔をしています。 人懐っこい性格で、よくダイバーと一緒に楽しく遊んでくれます。

seal
オーストラリア・アシカ

また、ダイビングの他にも見どころ満載の西オーストラリア。 セルフィー写真で一躍有名になったクオッカが生息する「ロットネスト島」や、見事な鮮やかに染まった「ピンク・レイク」など見どころ満載。 ぜひ、訪れてみて下さい。

【おすすめサイト】

Ningaloo Coast Beach
ニンガルー・コースト・ビーチ
  • Ningaloo Reef-世界遺産にも登録されているニンガルー・リーフには、海洋生物の宝庫・ニンガルー海洋公園があります。 ジンベエザメやクジラなどの大物と一緒に泳げるだけでなく、500種類以上の魚とカラフルなサンゴたちがあなたを待っています。
  • Carnac Island-パースの南部に位置するカーナック島は、アシカが生息する島として知られています。 フィンをあま噛みして「遊ぼう」と誘ってきたり、つぶらな瞳で上目遣いで覗かれたり、好奇心旺盛で人懐っこいアシカたちと至福のひと時を過ごせるでしょう。
Sydney
サーキュラー・キー(シドニー)

ニューサウスウェールズ
州都:シドニー

オーストラリア経済の中心地シドニーが所在する州ニューサウスウェールズ。 モダンな大都市と美しいビーチリゾートが見事に融合されたシドニー以外にも見どころがたくさん。 ニューサウスウェールズの東部には海岸線の絶景が広がり、多くの観光地が点在します。 現地の人と一緒にビーチライフスタイルを堪能しながら、マリン・スポーツや新鮮なシーフードを楽しむのはまさに最高のバケーションプラン。

Shelly
シェリービーチでダイビングを楽しむローカルダイバー

シドニーダイバーのホームグラウンドと言えば、おしゃれな街マンリーにあるシェリービーチですが、シドニーから少し足を延ばせば、ユニークなダイブサイトにアクセスできるのも魅力です。

【おすすめサイト】

JervisBay1
ジャービス・ベイ
  • Jervis Bay-シドニーから車で約2、3時間南下したところにあるジャービス・ベイには、美しい白浜とターコイズ色の海が広がっています。 固有種であるウィーディ・シードラゴンやイースタンブルーデビル、オーストラリア・アシカなど、さまざまなユニークな生き物に出逢えます。
  • Fish Rock Cave-サメ好きな方はマストゴーのダイブサイト。 たくさんのシロワニが見られることで有名です。アラフラオオセ、ウミガメも生息しており、魚影の濃さに満足すること間違いなし。シドニーから車で北に約5時間の場所にあります。
greatoceanroad
グレート・オーシャン・ロード(ビクトリア)

ビクトリア
州都:メルボルン

ビクトリアの州都・メルボルンは「世界で最も住みやすい都市」ランキング上位の常連。 別名「ガーデン・シティ」と呼ばれ、緑豊かで美しい街並みが世界中の人を魅了しています。 英国風のレトロな建築物とおしゃれなカフェが軒並みを連ねるメルボルンには、フォトジェニックポイントが満載。 郊外には野生のリトルペンギンに会えるフィリップ島や、世界で最も美しい海岸線と言われる「グレート・オーシャン・ロード」も。 また、市内から車で約1時間のモーニントン半島には、素晴らしいダイビングサイトが点在しています。 オーストラリア固有種、アシカやイルカ、レック、洞窟など、幅広く楽しめます。

【おすすめサイト】

weedy seadragon
固有種ウィーディ・シードラゴン
  • Flinders Pier-固有種ウィーディ・シードラゴン、アシカ、エイ、サメ、カラフルなウミウシなどが見られます。 メルボルン市内から車を南に約1時間半走らせれば到着です。
  • Rye Pier-エイ、タコ、固有種ウィーディ・シードラゴン、アシカなど、実にさまざまな生き物が生息しています。 Flinders Pierとは車で約30分の距離にあるので、ぜひ両方訪れてみてくださいね。
SA
南オーストラリア

南オーストラリア
州都:アデレード

文化と芸術の都市・アデレードが州都の南オーストラリアは、アウトバックの赤い大地、美しい海岸線、世界トップクラスのワイナリーなど様々な表情を持っています。 南オーストラリアに訪れる際、絶対外せないのが「カンガルー島」。 手つかずの自然が残るこの島にはオーストラリアの魅力が凝縮されており、野生のカンガルーはもちろん、野生のコアラ、ワラビー、ハリモグラ、ペンギン、アシカなどに出逢えます。

さて、ダイバーの間で南オーストラリアと言えば、ホホジロザメが見れるケージダイビングでしょう。 ここでしか見れない海の世界を堪能してみませんか?

ホホジロザメ

【おすすめサイト】

  • Port Lincoln-刺激的なダイビングをしてみたい方にオススメなのが、ポート・リンカーンのホホジロザメが見れるケージ・ダイビング。 間近に迫ってくるホホジロザメを観察できるのは、ケージ・ダイビングならではです。 迫力満点のダイビング、ぜひ試してみませんか?
  • Baird Bay-アシカのコロニーがあることで知られるベアード・ベイ。 透明度の高い水中で、人懐っこいアシカと一緒に泳ぎたい方には、ぜひ訪れてほしいスポットです。
animal_koala_oyako

いかがでしたか?

南半球に位置するオーストラリアの季節は、ちょうど日本と真逆。 日本が寒い冬の時期、オーストラリアは絶好のダイビング・シーズンを迎えています。

ぜひ休暇を利用して出かけてみて下さいね!

Share This