今回のMy PADI Storyの主人公は、PADI IDCスタッフ・インストラクターのRocio Gajon。

メキシコのラパスで育った彼女は、子供の頃から海中世界に強い興味を抱いていた。マスクとスノーケルをつけ、水中の生き物と対面したその時から、どんどん海の魅力に惹かれていった。しかし月日が経つにつれ、彼女が愛した生き物たちは、海からその姿を消してしまったのだ。

「私が行動を起こさなければ。」幼いながらも彼女は心にそう誓った。

Rocio Gajon AmbassaDiver

彼女がスクーバ・ダイビングに触れたのは16歳のとき。そのころ新設されたばかりのCabo Pulmo国立海洋保護区公園で、初めてダイビングを経験した。そのときの彼女のバディは、ダイブマスターを目指していた元漁師の息子で、数十年に渡る過度の漁獲によって失われた海の豊かさの回復を目標としていた。そこで彼女は「これだ!」と、ダイビングに運命を感じたという。

Rocio Gajon Protects Ocean Planet

子供のころ抱いた目標を実現するべく、Rocioはスクーバ・インストラクターを志す。人々にダイビングを教え、海の素晴らしさを実感してもらうことで、ダイバーになった彼らは共に海を守る仲間となる。そのため、1人でも多くの人にダイビングを教えることが、海を救うことにつながるとRocioは考えた。そして環境保護の鍵となるのは若い世代であり、次世代を担う彼らが水中世界に興味を持ち、その美しさと重要性に気付くことで、世界は変わると信じている。

PADI IDCスタッフ・インストラクターとして、メキシコ、そして世界の海を救うべく、Rocioは今日も次世代の「海の代弁者」の育成に取り組んでいる。

Rocio Gajon Diving

What does “My PADI” mean to you?

My PADI means I can inspire others to explore the oceans.

あなたにとってMy PADIとは何ですか?

「My PADIは、人々に海の素晴らしさを実感してもらうことです。」


Video created by Rocio Gajon

Share This