画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!

投稿者

画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!

フジテレビの人気番組「テラスハウス」にも出演するなど、画家として活動する傍ら、タレントとしてテレビ番組にも出演する、フランキーことフランセス・スィーヒさん。日本とアメリカのハーフで、母は女優の水沢アキさん。そんな彼女が、沖縄・ケラマ諸島でPADIオープン・ウォーター・ダイバーの取得にチャレンジしました!

以前にモーリシャスやパラオで体験ダイビングをし、Cカード取得は念願だったというフランキーさん。海やサンゴをモチーフにした作品は10年以上前から描き続けていたものの、もっとじっくりサンゴや海の生き物と向き合いたいと願っていたそうです。特に沖縄のサンゴ礁には非常に興味を持っていたとのことで、自身がデザインした水着と、サンゴイラストをプリントしたウエットスーツを身につけ、いざ沖縄の海へ。PADI5スターIDダイブリゾート《マリンハウス シーサー阿嘉島店》にて、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースをスタートさせました。

画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに! 画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!

ビーチでスキルの練習をしっかりと終えてから、早速、海洋実習1本目でケラマを代表するサンゴポイント「ヒズシ」へ。目の前に広がるサンゴの群生の美しさに、すっかり魅了された様子で、見られる生き物たちの色合いがアーティスティックなことにも感動。その後も、「宇論の崎」や「儀名」などケラマのさまざまなポイントで、巨大なイソバナや、美しいハナゴイの群れ、かわいらしいウミウシなどに出会いながら、晴れてPADIオープン・ウォーター・ダイバーに認定されました。

画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに! 画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!

そしてダイビング後には、お世話になった《マリンハウス シーサー阿嘉島店》に壁画ペイントをプレゼント! 海の生き物をモチーフに、2つのシーサーを描き上げました。

画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!

今回、PADIオープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得したことにより、「アーティストとして新たなスタートになった気がする」というフランキーさん。今後、どのようなアートが生み出されていくのか、楽しみですね! 今回の阿嘉島への旅の模様や、ダイビングで感じたことをフランキーさんが語ったインタビューなどは『DIVER』2018年7月号で詳しく紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

画家のフランセス・スィーヒさんがPADIオープン・ウォーター・ダイバーに!