My PADI Story 第2回: Jennifer Idol ー カメラで世界を変える水中写真家

投稿者

My PADI storyとは、ダイビングによって人生が変わった人々の物語。

今回の主人公の名前は、Jennifer Idol。

Jenniferがはじめてダイビングの世界に足を踏み入れたのは14歳のとき。
水中世界に魅せられた彼女は継続教育を通じてスキルアップを遂げ、やがてプロダイバーの道へ。

グラフィックデザイナー兼写真家として活動していたJenniferだったが、彼女のキャリアパスを変える出来事が訪れる。

2010年、彼女が乗る飛行機はちょうどメキシコ湾原油流出事故現場の上空を通過した。
飛行機の窓から見えたものは、激しく燃え上がる海だった。

あまりのショックにシャッターを切ることさえできなかったが、あの光景が彼女の脳裏から離れることはなかった。

そして彼女はある決心をする。

Jennifer_scuba5_full

Photo by Aaron Bates

グラフィックデザイナー、写真家、そしてプロダイバーとして経験を、海の大切さを世に広めるために役立てたいと考えたのだ。

その後、彼女はアメリカ全50州でのダイビングを果たした初の女性ダイバーとなり、その旅を題材にした本を出版した。

「もしも西テキサスの小さな泉の素晴らしさを人々に伝えなければ、いつかその湖はなくなってしまうかもしれません。50州の旅は、人々がもっと水中世界を愛し、元気になってもらう最初の一歩です。」

身近なアメリカの海の美しさと重要さを人々に伝えるため、彼女は今も水中世界を代弁するコンサベーション・アーティストとして、活動を続けている。

 

What does PADI mean to you?

My PADI is how I became an underwater photographer.

あなたにとってMy PADIとは何ですか?

My PADI は水中写真家になったことです。