世界の海底に眠る日本の戦争遺産の写真展『群青の追憶』2018年6月15日~9月30日まで開催!

投稿者

PADI連載コラム「パラオのレックダイビングの魅力」でもおなじみの水中写真家・戸村裕行さんより、靖國神社の遊就館内特設展示場にて6月15日から開催される水中写真展『群青の追憶 〜海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う〜』のお知らせです。

写真展『群青の追憶』

水中写真家・戸村裕行は、大東亜戦争に起因する世界の海底に眠る日本の沈船、航空機、潜水艦などの戦争遺産を撮影した水中写真展『群青の追憶 ~海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う~』を、東京都千代田区の靖國神社・遊就館内特設展示場にて6月15日~9月30日まで開催致します。

靖國神社 遊就館 特別企画
戸村裕行 水中写真展
群青の追憶
〜海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う〜

2018年6月15日(金)~9月30日(日)(年中無休)
開館時間:午前9時~午後4時30分
◉会場=靖國神社 遊就館内 特設展示場
◉みたままつり期間中 [ 7月13日(金)~16日(月) ] は午前9時~午後9時まで開館
◉6月25日(月)~ 27日(水)は臨時休館
◉観覧には遊就館にご入場頂く必要があります。
大人=1000円
大学生=500円(短期大学生・専門学校生などを含む)
中学・高校生=300円(7・8月夏休み期間中は無料)
小学生=無料
◉靖國神社崇敬奉賛会、遊就館友の会会員は無料となります。

展示内容:インドネシア、コロン(フィリピン)、グアム、サイパン(北マリアナ諸島)、ソロモン諸島(ガダルカナル島、ツラギ島、ニュージョージア島)、トラック諸島(ミクロネシア連邦チューク州)、パラオ、ラバウル(パプアニューギニア)、日本(沖縄・柱島沖)の海底に眠る艦船、航空機、潜水艦を撮影した写真パネル、約50点

展示予定の主な艦船、航空機など
戦艦・陸奥(柱島沖)九八式直接協同偵察機(沖縄・特攻機)零式水上偵察機、駆逐艦・五月雨(パラオ)駆逐艦・文月、駆逐艦・追風、特設潜水母艦・平安丸、特設航空機運搬艦・富士川丸(トラック諸島)零式艦上戦闘機二一型(ラバウル)給糧艦・伊良湖、水上機母艦・秋津洲(コロン・フィリピン)伊号第一潜水艦(ガダルカナル島)など多数

また、現在「戦艦・長門プロジェクト」と題しまして、マーシャル諸島・ビキニ環礁において核実験の標的となり沈没した戦艦・長門の現在(いま)を撮影し、展示するプロジェクトの支援者を国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を通じて募集しており、写真展会期中に撮影を敢行、展示替えで同展での展示を目指しております。
⇒詳しくはこちらをご覧ください。