2018年は「国際サンゴ礁年」。PADIもオフィシャルサポーターに任命!

投稿者

2018年は「国際サンゴ礁年」。PADIもオフィシャルサポーターに任命!

皆さん、2018年が「国際サンゴ礁年(IYOR: International Year of the Reef)」ということをご存じですか? サンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が、2018年を3回目の「国際サンゴ礁年」に指定すると宣言したことに基づき、サンゴ礁生態系の価値やそれを取り巻く脅威について普及啓発し、一人一人の行動を促すための世界規模のキャンペーンとなっており、各国において、政府・民間・学術団体・市民社会のパートナーシップの向上、効果的な管理戦略の実施、持続可能な管理に関する情報共有等を推進することが奨励されています。

国内でも、サンゴ礁の素晴らしさや大切さを多くの人に知っていただき、一人一人ができることを考え行動していただくため、さまざまな取り組みが予定されており、去る1月28日(日)にはその皮切りとなる「国際サンゴ礁年2018オープニングシンポジウム」が明治大学リバティタワーにて開催。国際サンゴ礁年2018アンバサダーとして「さかなクン」が任命されたほか、オフィシャルサポーターにPADIアジア・パシフィック・ジャパンも任命され、中川環境大臣より任命書が手渡されました。

2018年は「国際サンゴ礁年」。PADIもオフィシャルサポーターに任命!

オフィシャルサポーター任命式には、PADIアジア・パシフィック・ジャパン代表取締役の中野龍男が出席し、中川環境大臣より任命書を受け取りました

2018年は「国際サンゴ礁年」。PADIもオフィシャルサポーターに任命!

国際サンゴ礁年2018アンバサダーのさかなクンとオフィシャルサポーターの皆さん

PADIでは、より多くの人にサンゴ礁の保護の重要性を伝えるべく、2018年の最注目スペシャルティ・コースとして「AWAREサンゴ礁の保護」を設定し、2018年2月1日申請分より、2018年12月31日までにコースを受講して申請した人に、国際サンゴ礁年のロゴ入りバージョンの認定カードを発行します。また、PADIウェブサイトの連載コラムなどでも、サンゴの保護についての情報を広く発信していく予定です。そのほか、PADIもチーム員となっている「チーム美らサンゴ」と連携した取り組みなど、さまざまな形でサンゴ礁の保護について積極的にかかわっていきますので、皆さんもぜひご協力ください。

2018年は「国際サンゴ礁年」。PADIもオフィシャルサポーターに任命!

「AWAREサンゴ礁の保護」スペシャルティ・コースの受講者には、2018年限定で国際サンゴ礁年のロゴ入りバージョンの認定カードを発行。「AWAREサンゴ礁の保護」スペシャルティ・コースは、ダイバーはもちろんのこと、ダイバーではない人でも受講可能なので、家族や友人など周りの人も誘って参加してはいかがでしょうか。

なお、国際サンゴ礁年では、皆さんの活動を登録し、多くの人に広く参加を呼びかけることも可能です。皆さんもぜひ国際サンゴ礁年をきっかけに、サンゴの保護について取り組んでみませんか?

【国際サンゴ礁年2018活動登録制度】
①趣旨
国際サンゴ礁年2018の趣旨に沿って実施される活動・イベント等を登録し、Facebook等を通じて多くの人に参加を呼びかけるものです。登録された活動については、ロゴマーク、イメージキャラクター、ポスターなどを積極的に活用し、統一感をもって活動を展開し、登録された活動やその報告などは、環境省で記者発表やHP掲載等を積極的に行うこととします。

②登録プロセス
・活動登録希望者は、web上の登録様式(https://goo.gl/forms/ljAXLseUJik09uEq1 )から必要な情報を送付

・登録ボランティアがソーシャルメディア・コミュニケーションガイドラインに従って判断し、Facebookページ(https://www.facebook.com/IYOR2018JP/ )に掲載

※詳細は以下をご覧ください
サンゴ礁年-ソーシャルメディア・コミュニケーションガイドライン