秋はスクーバダイビングのベストシーズン!

投稿者

皆さんは1年のうちで一番好きな季節はいつですか? 多くの人が答えるのが「秋」。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・秋にはいろいろな魅力がありますが、実は「スクーバダイビングの秋」でもあるのです。

「夏のレジャー」のイメージが強いスクーバダイビングですが、日本の海は秋がベストシーズン。すでにダイバーの皆さんにも、これからダイビングを始める人にも、以下に紹介するような様々なメリットがあります。皆さんもベストシーズンの海でダイビングを楽しみませんか?

秋はスクーバダイビングのベストシーズン!

海の透明度がよくなり、魚の数がグ~ンと増える

春から夏にかけてはプランクトンの発生などが原因で透明度が落ちる日本の海ですが、秋になると黒潮の接岸や台風の接近で水がかき混ぜられ、透明度が上がってきます。さらに、この黒潮と台風は、ミクロネシアや沖縄など南の島に棲む生物(季節来遊魚)を運んでくるため、水中が非常に華やかに。伊豆半島や紀伊半島などの近場の海でも、まるで南国のような水中シーンを楽しめます。また、春に生まれた生物が成長した姿や、回遊魚の群れなども見られ、海の中はとてもにぎやかです。

少人数でじっくりと練習することができる

夏場は講習生が集中するため、大人数での講習となることも少なくありませんが、これからの時期はダイビングを始める人も比較的少なくなるため、少人数での講習を受ける絶好のチャンス。少人数での講習なら、時間的な余裕がたっぷりあるし、インストラクターの目も届きやすいので、快適な講習が受けられることは間違いなし。スケジュールが立てやすく、自分のペースで受講できるのは大きなメリットです。

秋はスクーバダイビングのベストシーズン!混雑に悩まされる心配が少ない

講習に利用されるダイビングエリアは、夏場はダイバーでいっぱい。海の中はもちろん、器材洗い場からシャワー室まで大混雑で、なかなか思い通りに行動できないことも。その点、これからのシーズンは混雑も解消され、のびのびと講習を受けることができるベストシーズン。海への道路の渋滞も少ないため、時間をより有効に利用することができるはずです。アフターダイブには「食欲の秋」ならではの食事や温泉も満喫できること間違いなし!

講習にかかる費用も夏に比べて安くなる?

夏が終わり、講習生の数が一段落してくると、講習費用の値下げや器材価格の割引など、講習生を獲得するためのキャンペーンを開催するダイビングショップも多く見受けられます。また、夏休みシーズンの7~8月に比べると旅行費用もグ~ンと下がるので、これを上手に利用すれば、お得にダイビングを楽しむことができるのではないでしょうか。

⇒各ダイビングエリアの最新情報はこちら